A miracle of a film !

気ままな映画感想ブログ…と言うより備忘録かも…(^-^)
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 0015 ブルース・ブラザース | main | 0017 ダイ・ハード >>
# 0016 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス
 

監督:湯浅憲明

脚本:高橋二三

撮影:上原 明

音楽:山内 正

特殊撮影:藤井和文




出演:本郷功次郎、笠原玲子、上田吉二郎、阿部尚之、
丸井太郎、螢 雪太朗、北原義郎、夏木 章  他



1967  M

同時上映:小さい逃亡者

 
感想:ゴジラと並ぶ怪獣映画のスター、ガメラ。

その第1作「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」のシリーズ8本全てに関わられた映画監督、

湯浅憲明氏が脳梗塞のために6月14日に亡くなられていました。

享年70歳でした。





その湯浅監督の生前の功績を讃えまして、昭和ガメラシリーズの最高傑作といわれます、

第3作「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」をお届けします。



ちょうど、高度経済成長時代の象徴、高速道路の工事現場が舞台です。

前作「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」が夜のシーンが多かったために、

今回は明るいイメージで作られています。

ガメラも、凶暴なイメージから少しやさしい顔に変わっています。

子供好きという一作目からの設定を踏襲して、今作品もストーリーは進みます。



ガメラシリーズ初期の3作品には一つの特徴があります。

それは、怪獣を動物として描いていることです。

このギャオスの場合も、巣でガメラに食いちぎられた足を治している時、

その上に岩が落ちてくるシーンがあります。

その時、ギャオスは目を閉じて痛みに耐えるのです。



また、ラストでギャオスをガメラが富士山の火口に引きずり込むのですが、

火口からギャオスの超音波メスが上空に向かって伸びていきます。

それがだんだんと短くなり、ギャオスの最期を表現しています。

これは、断末魔を設定しているのです。

その超音波メスは、フィルムに直接、線を引き色を入れるといった手法が取られています。



エンディングは、「ガメラの歌」に乗せて3作品のハイライト・シーンが見られます。

何とも、お得な作品なのです。





湯浅監督は、後にはTVでも活躍されました。

監督作品には、「ウルトラマン80」や「メガロマン」等があります。



ここに湯浅監督のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



合掌・・・。



| comments(0) | trackbacks(1) | 16:33 | category: 1961〜1970 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:33 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kiyousai18p.jugem.cc/trackback/21
トラックバック
大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス (昭和42年・1967)
ガメラ生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX湯浅憲明 田中重雄 金子修介 人喰いギャオスが殺人音波で帰ってきたぞ! つっこめガメラ火炎噴射のマッハ3で体あたりだ!  『大怪獣ガメラ』、『大怪獣決闘...
| Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters | 2006/12/16 10:13 PM |
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links